百見聞、4つの活用方法

『Trending百見聞』のサービスは「調査を行う」以外にも色々な活用方法があります。

1. 『トレンドマガジン』の記事を読む

『トレンドマガジン』は調査のトレンド情報誌。さまざまな分野の商品(対象)を調査し、専門的な解析を行って「商品の印象」とユーザーの「思い」のその時々の"傾向=トレンド"を記事にして発信しています。

『トレンドマガジン』を読むことで様々な分野の感性の傾向の今を知ることが出来ます。『Trending百見聞』の中心的なコンテンツです。

2. 調べてみたい商品(対象)の調査を行う

『トレンドマガジン』に掲載されている調査と同じような調査を、ご自身が想定する商品(対象)で行うことが出来ます。準備は対象の画像を20枚用意して、調査お申込みフォームの内容に沿って必要な情報を入力するだけ。

調査票の作成から回答者への配信・回収はすべて『Trending百見聞』のスタッフが行います。

調査表は配信会社を通して100名の回答者に配られ、印象調査を行います。その結果をもとに商品の印象とユーザーの思いの関係を調べる感性の解析を行います。

3. 調査結果は解説付きレポートでカンタン理解

調査・解析結果のRowデータの他に、専門知識のあるスタッフが解析のポイントを独自の視点で整理した特別なレポートを受け取ることが出来ます。

内容は『トレンドマガジン』とほぼ同様で、商品の印象をポジショニングによる比較やグルーピング等で分析し、ユーザーの思いとの関係について調査が初めての方でも理解しやすいよう解説しています。

4. 調査結果を『トレンドマガジン』で発信する

ご自身が行った調査が公開可能ならば、『トレンドマガジン』の記事として無料でサイトに掲載することが出来ます。

レポートと同じ内容を記事にして発信するので、ご自身のサイトとリンクすることによって顧客に対する企画意図の説明としもてご利用いただけます。

また、記事を掲載する際には会社名、URL、20枚の商品画像も掲載されるため、広告効果や認知度アップなども期待できます。