「着用してみたい」メガネ

巷には沢山のメガネが存在しますが、人々がメガネを選ぶ時なにか基準があるのでしょうか?

着用したいメガネ」と「着用したくないメガネ」の違いについて「メガネの印象調査を行った結果、20~30代女性にとって「着用したい」と思うメガネにはいくつか特徴があることが分かりました。

一体どうしてこの特徴だと「着用したい」と感じるのでしょうか?

『20~30代女性が”着用したい”と思うメガネの具体的な特徴』
・丸みのあるフレーム形状
・太過ぎず細すぎないリム形状
・暖色系のあたたかみのある色味

この調査はこのような人におすすめ

  • デザイナーさん
  • 企画開発者さん
  • 思い込みに頼らない戦略を立てたい方
  • サービス企画において人の感性という視点を取り入れてみたい方
  • 感性、印象の調査に興味のある方

1.20~30代女性にとって「着用したい」メガネは、こんなデザイン

様々なメガネのサンプル20個に対して「着用したい・着用したくない」5段階評価で20~30代女性に回答してもらい調査したところ以下(図1)のようなデザインのメガネが上位に選ばれました。

色も形も、それぞれ違うメガネばかりでした。

2.「〇〇〇」なメガネを20~30代女性は着用したい?

「着用したい」について 相関 のある項目(図2)を調べてみると「ウォーム」「知的な」「品のある」が「着用したい」にとって大切な印象の要素であることが分かりました。

特に、「ウォーム」は相関比が1番高いので、より重要な印象の要素であることが分かります。

反対に「特徴的な」「気取った」は「着用したくない」印象と感じることが分かりました。

3.こんな「視点」で20~30代女性はメガネを見ている

因子分析 でメガネの印象の構造について調べると、20~30代女性は「繊細な」「知的な」「特徴的な」に強い反応を示していることが分かりました(図3)。

これら3つを軸とした20~30代女性なりのメガネに対する視点があることがここから読み取ることが出来ます。

4.メガネの印象を決める「3つの軸」

20~30代女性が強い反応を示している「繊細な」「知的な」「特徴的な」に、それぞれに関連してくる他の言葉(図4)を考慮してさらに解釈を深めることにより、「ディティール軸」「インテリジェンス軸」「キャラクター軸」という3つの軸を導き出すことが出来ました。

この3つの軸はメガネを見る時の20~30代女性独自の「視点」であり、さらにメガネの印象を決める重要な因子でもあります。

5.MAPで一目瞭然!メガネの特徴

メガネの印象を決める3軸で作成した因子得点マップ (図5~7)に クラスター分析 (図8)の結果を反映しメガネのサンプル写真をポジショニングすると、以下の様になりました。

印象の近いメガネ同士はグループ化され、マップ上に同じカラーで表示されています。

この因子得点マップを見ると、メガネの様々な印象の特徴を見てとることが出来ます。

6.メガネの印象には3つの方向性

因子得点マップのポジショニングから見て取れる様々なメガネの印象を分類・整理すると、20~30代女性にとってのメガネの印象は、大きく分けて3つの方向性あることが分かりました。

以下はそれぞれ種類ごとに特徴をピックアップし、分かりやすいようにグループ名をつけたものです。

7.「着用したい」メガネの共通点

今回の印象調査では、20~30代女性にとっての「着用したい」メガネランキング上位には「ウォーム」なメガネが多く含まれることが分かりました。これは「着用したい」と「ウォーム」が特に相関が高かったためです。(図9)

まとめ.20~30代女性にとって「着用したい」メガネ

これらの結果から「着用したい」メガネについて、相関が高い「ウォーム」は20~30代女性にとって「着用したい」印象傾向のメガネであることが分かりました。

そしてこのグループを考察することで具体的な特徴を抽出することが出来ました。(図11)

今回の調査では「着用したい」メガネランキングと3つの印象グループとの関連性は見られませんでしたが、代わりに「ウォーム」「知的な」「品のある」の要素を含む印象のメガネだと「着用してみたい」と思うことが分かりました。

「ウォーム」に該当するメガネサンプルは3つの印象グループを横断して存在していたので、今回の調査では印象のグループよりも「ウォーム」という要素が「着用してみたい」に強く影響していると思われます。

今回の調査では「着用したい」メガネに特化して調査したため、相関比でマイナスの値の「特徴的な」「気取った」の項目を含むメガネは、20代女性手にとっては「着用したくない」傾向が出ました。(図2)

この「特徴的な」「気取った」の項目を含むメガネのデザインの特徴を確認すると、いわゆるセンスの良いおしゃれさんが掛けるようなおしゃれメガネで素敵なデザインでした。

メガネは顔に装着する特殊なツールのため、作りが素敵と思う時の視点、実際にかけるとしたら、という視点、メガネをかけることで”なりたい自分”の視点などがせめぎあって「着用してみたい」という思いへの素直な反映が難しいように感じました。

次回調査をする時は「着用してみたい」を他の言葉に置き換え比較してみると新たな発見があるかもしれません。

ではまた次のトレンドマガジンでお会いしましょう~!

調査概要

用語説明 説明変数 目的変数 調査票

モニター(回答者)の内訳

今回の調査に協力してくれたモニターは首都圏在住の20~30代女性100人でした。
(パネル協力:株式会社アスマーク)

この調査の目的は・・・

  • 企画のネタを探す
  • デザインの印象を調べる
  • 市場の傾向を知る

調査対象のカテゴリーは・・・

  • グラフィック
  • 工業製品
  • ファッション
  • 建築

調査を作成する